« Eee PC 901購入 | トップページ | 博多雑煮の作り方 »

2008.08.31

ぽーにょぽにょぽにょ

崖の上のポニョがとてもおもしろかったので、mixiの日記に書いた感想をこっちにも載せておきます。

---------------------
ポニョをようやく見に行ってきた。

以前に兄が子供たちと見に行ったときに、甥っ子が食い入るように 見ていたという話を聞いたり、お盆に会ったときに、姪っ子がちり紙で作ったてるてる坊主のような物をポニョと言ったり、 あるいは、そこいらを指さして、「あー、ぽにょー」と言ってみたりするのを聞くにつけ、これは是非とも見に行かねばと思っていたのだ。

宮崎駿のアヴァンギャルドな悪夢
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_fb6c.html

事前の評として、褒めているのか貶しているのかよく分からないものを見ていたせいで、あまり期待はしていなかったのだけど、とてもおもしろかった、あるいは居心地が良かった。


話は変わるが、自分は子供の頃からよく夢を見る。
というか、見るのが普通で、その世界を理解し、そこに留まっていたいということを思うこともしばしばあるのだが、
目が覚めてから、夢を記憶しておこうとすると、その日一日、頭の回転が著しく悪くなることを経験上知っているので、今は毎日洗い流してしまっている。

それを称して悪夢という。


この作品において、表面上、突拍子もないことがひたすら続くのだが、夢として、夢の主体と一体となり、主観を共有することで、話は自然とつじつまを持った物になる。

車の後ろから波が迫ってきても、宗介が海に投げ出されそうになっても、特段の危機感もないのだが、「ここは、嫌。」とポニョが漏らすと、事態が急変する。
ストーリーは常に、無意識の支配下にある。

子供がこの映画にはまるのは、容易にタガをはずして世界と一体となることに慣れているからだろう。


ところで、宗介やポニョのこどもこどもした描写のかわいらしさには、ものすごいものがある。
手や足や、顔といったパーツの柔らかさや、ちょろちょろ走り回る危うさなど、トトロのころより相当に進化しているように思った。

自分は子供の扱いに慣れていないので、甥っ子や姪っ子の手を引いていると、腕が千切れやしないか、握りつぶしてはしまわないかと、ほとんど昆虫のナナフシやらガガンボやらを扱う並に臆病になってしまうのだが、映画では安心してかわいらしさに癒されることができる。


久々に、もう一度映画館に見に行きたいと思った。


映画「崖の上のポニョ」公式サイト
http://www.ghibli.jp/ponyo/

|

« Eee PC 901購入 | トップページ | 博多雑煮の作り方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15690/42331608

この記事へのトラックバック一覧です: ぽーにょぽにょぽにょ:

« Eee PC 901購入 | トップページ | 博多雑煮の作り方 »