カテゴリー「アニメ・コミック」の30件の記事

2008.08.31

ぽーにょぽにょぽにょ

崖の上のポニョがとてもおもしろかったので、mixiの日記に書いた感想をこっちにも載せておきます。

---------------------
ポニョをようやく見に行ってきた。

以前に兄が子供たちと見に行ったときに、甥っ子が食い入るように 見ていたという話を聞いたり、お盆に会ったときに、姪っ子がちり紙で作ったてるてる坊主のような物をポニョと言ったり、 あるいは、そこいらを指さして、「あー、ぽにょー」と言ってみたりするのを聞くにつけ、これは是非とも見に行かねばと思っていたのだ。

宮崎駿のアヴァンギャルドな悪夢
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_fb6c.html

事前の評として、褒めているのか貶しているのかよく分からないものを見ていたせいで、あまり期待はしていなかったのだけど、とてもおもしろかった、あるいは居心地が良かった。


話は変わるが、自分は子供の頃からよく夢を見る。
というか、見るのが普通で、その世界を理解し、そこに留まっていたいということを思うこともしばしばあるのだが、
目が覚めてから、夢を記憶しておこうとすると、その日一日、頭の回転が著しく悪くなることを経験上知っているので、今は毎日洗い流してしまっている。

それを称して悪夢という。


この作品において、表面上、突拍子もないことがひたすら続くのだが、夢として、夢の主体と一体となり、主観を共有することで、話は自然とつじつまを持った物になる。

車の後ろから波が迫ってきても、宗介が海に投げ出されそうになっても、特段の危機感もないのだが、「ここは、嫌。」とポニョが漏らすと、事態が急変する。
ストーリーは常に、無意識の支配下にある。

子供がこの映画にはまるのは、容易にタガをはずして世界と一体となることに慣れているからだろう。


ところで、宗介やポニョのこどもこどもした描写のかわいらしさには、ものすごいものがある。
手や足や、顔といったパーツの柔らかさや、ちょろちょろ走り回る危うさなど、トトロのころより相当に進化しているように思った。

自分は子供の扱いに慣れていないので、甥っ子や姪っ子の手を引いていると、腕が千切れやしないか、握りつぶしてはしまわないかと、ほとんど昆虫のナナフシやらガガンボやらを扱う並に臆病になってしまうのだが、映画では安心してかわいらしさに癒されることができる。


久々に、もう一度映画館に見に行きたいと思った。


映画「崖の上のポニョ」公式サイト
http://www.ghibli.jp/ponyo/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.17

フレンチクルーラ

Nemagi_1

アイドルマスターのやよい。ちょい頭身が高くなりすぎたっぽいけども。

街で時々見かける、一見、下を履き忘れたみたいな、裾のところがすぼまったロンTっぽいワンピースって、いったいなんて言うんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.18

初音ミク

まずは、メモ。

Miku_071018


Miku_071018_msn

Miku_071018_yahoo

2007/10/18 20:54現在。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.11.01

○本の住人 - 安寧秩序の紊乱

例によって、本屋をうろうろしてたら、なにやらかわいくて不穏な雰囲気の表紙が目に留まり、購入してしまいました。

○本の住人 (kashmir / 芳文社)

主人公ののり子以外は、ほぼ無軌道に突っ走ってます。
特に、友人のちーちゃんこと霧島ティルトウェィトさくらさんの暴力は、怪しげな兄や、オカルトな、みかちゃんを霞ませる勢いです。

というか、メタなレベルで秩序を排しているので、ほのぼの4コマに馴染んでいると、のり子と同じ立場で不安を共有するはめになってしまうかもしれません。

のり子

で、とりあえず、練習で、のり子ちゃん。
本編では、ほとんど平和なシーンがないので、あえてそんなふうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.18

エオマイア - ぺたりぺたり、ぽたん。

タカハシマコの新作が出ていたので、買ってきました。
今まで短編集しか読んだことがなかったので、まとまったお話を読むのはちょっと新鮮です。

エオマイア (タカハシマコ / COMIC HIGH'S BRAND / 双葉社)

自らに起こる異変、そして身の回りに起こる事件を、ほぼぶれずに主人公の少女の視点で描いています。 とても狭い地域での、狭い人間関係の中だけで閉じたお話です。
湿度がやたら高い割に、ひんやりとした、秋の長雨のような季節を連想させます。

自分の感じる不安や恐怖を、まるでそんな物は始めから終わりまで存在していなかったかのように振る舞う「外」の日常世界に対する疎外感と疑念は、他の短編でも繰り返し語られているテーマであるように思いました。
なんだか「異形」や「化け物」なんかよりよほど怖い、そんな居心地の悪い世界にいることを自覚させるためのメタファーとして、水の中に居る自分というものが描かれているような気がします。

卵形の顔、楕円形の大きな瞳、年齢不詳っぽいやたら華奢な胴体と長い四肢、それと大きな手足といった、 タカハシマコの描く少女のいつものかわいらしい絵柄は、表紙そのまま全編に渡っています。
同様の少年には、若干ミスマッチなものも感じたけど、見た目と中身が一致しないのは、このお話に限ったものでもないので、それもありなのかなあと思いました。

壮大なスケールのミステリー!
...てなわけでもないけど、充満する居心地の悪さと、最後にようやく得られる少しばかりの開放感を味わってみたい方におすすめします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.17

時をかける少女 - でんぐり返し10点

昨日、テアトル新宿 へ見に行ってきました。
封切り間もないこともあるけど、ものすごい客入りでした。 上映する映画館が限られていることがとても不思議に思えます。
ところでこの映画館では、 完全入れ替え制でなおかつ整理券番号順の入場ということで、一つ前の上映が始まった直後に 券を買っておいたら、スムーズに入場することが出来ました。参考までに。

時をかける少女 (監督: 細田守 / 配給: 角川ヘラルド )

原田知世が出てた映画は、 1983年上映ということで、当時ドラえもんの映画ぐらいしか見てなかったのですが、 主題歌のサビの「とーきをー、かーけるしょうじょ」とか、ちゃーんちゃちゃ、ちゃっちゃっちゃちゃーん ってなメロディは頭にこびりついてたりします。
筒井康隆の原作も未読なもんで(最近出てたコミック版を読んだけど、あんましピンとこなかった)、 ほとんど前知識ない状態で見ました。

細田監督な作品らしく、基本的に日常のお話が日常の時間軸で進んでたりするんですが、 緩急ついてて、どきどきしたり、笑ってみたり、途中でだれることもなく、かといって慌ただしすぎもせず、 入り込むにはちょうど良いぐらいの時間だったと思います。

全般にフルアニメしてて、それに伴ってか、キャラデザは描線少なめの淡泊なものになっていました。
首ながーっ、体うすーって思ったら、お風呂シーンでは案外胸があってみたりして。 あ、でも青春ドラマだから、スカート同様鉄壁です。

あと、背景がめちゃめちゃすごくて、街並みの俯瞰とか、 原画で見たらいったいどれくらい描いてあったんだろうって思いました。 実に劇場サイズです。

中盤のコミカルなノリには大笑いでしたが、終盤のどんでん返しであれ?と思いました。 なんとなく繋がりが薄いような。 ひょっとすると、原作の展開となんか関係があるのかもしれません。

ところで、細田監督、時をかける少女、と言ったら、おジャ魔女どれみドッカ~ン!#40を 連想する人はそれなりに、その方面にはいると思いますが(っていうか、パンフにも触れられていたし)、 ちょっとデジャヴを感じさせる(あるいはまんまな)場面があったりします。
知ってる人はそこでニヤニヤしてみてください。

近くの席には、多分自分が見たくて来たようなお父さんと、小さい男の子が居たけど、 終わった後、二人とも楽しそうに、内容についてあれこれ話しているようでした。
客層を限らず、万人受けする映画であると思います。
そのうち、DVDのレンタルとかはなされるでしょうけど、 少々手間でも自分のところの近くの上映館を探して、見に行かれることをおすすめします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.02

ちまちま ― でも分かるよ、ありがとう

ひまな時は、基本的に本屋を徘徊しています。
こないだ、本棚をつらつら眺めてたら、なんとなくタイトルに気を取られて、 手にとってみたら、やたら淡白な表紙のデザインが気になって、買ってみました。

ちまちま (かがみふみを / Action Comics (COMIC HIGH'S BRAND) / 双葉社)

千村さんはやたら背が低くて、ほとんどちよちゃん並です。しかし、だからといって別に賢くもありません。
黒川くんも頑張るけど、うまく立ち回れるというわけでもありません。
ってなわけで、手を繋ぐということだけで、ものすごく悩んでみたり、 汗ダクダクになってしまったりするわけです。
こだわりすぎて、ほとんどラマンばりの妖しい演出になってまってるような気もしますが。

お話を通じて思うことは、人の考えは、たとえ友達同士であっても、共有し得ないということです。
初っ端から登場する千村さんの友達の亜矢子・祐実はなんの疑問も持たずに波に乗れる子たちであって、 そうでない千村さんに対しては、そもそも何を悩んでいるのか、理解できない。
それだけだと、山田花子に連なれ!って感じでどうしようもなくなるのだけども、 この話では、そうはなりません。
二人は全然分かんないって反応をしつつも、しつこく関わり続けて、千村さんを助けるのです。
この辺、黒川くんも千村さんが何を言ってるのか良く分からないって言ってるシーンがありますが、 それでも「ありがとう」ってにっこり返してたりします。

で、考え方は人それぞれだけれども、気持ちは共有できるし、友達だったら、 なんとかしてやろうっていつも思うって、そんなノリが感じられて、 ちょっとじんわりときました。

惜しむらくは、一巻であっさり完結してしまっていること。
作者も後書きで書いてるけど、もう少し、この世界にゆっくりと浸っていたい気持ちがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.25

ノエイン in アニメフェア

ビッグサイトで開催されている東京国際アニメフェア2006
http://www.taf.metro.tokyo.jp/ja/index.html
に来ています。

ノエインについては、もうすぐ放送が終わるアニメだし、 ポスター一枚程度の展示だろうと、 あまり期待をしていなかったのですが、 意外にも(?)、サテライトの展示スペースのうち、 メインストリートに面してかなりの面積を割いていました。

展示内容もファン層を理解してのことか、 とても濃いものになっています。

例えば、原画の展示。
うつのみや+りょーちも による 「地面から湧き出してうねうね伸びる12話のアトリ」だとか、 そういったシーン毎の原画(のコピー?)の束が10部以上置いてあり、 ぱらぱらアニメみたく、めくって見ることができます。

また、ノエインのシーンをモザイク状に並べてハルカの絵を 作ってありました。かなり大きなものです。 肌色を構成してる所を見ると、 お風呂シーンがやたら出て来てちょっとウケたりします。

アニメフェアは明日2006.03.26までやっているそうなので、 東京近郊のノエインファンの方は行ってみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.05

ノエイン ―仏像戦艦と肩甲骨とクイックイッ―

そろそろ放送されているところでは、終盤に差し掛かりつつあり、 ビデオレンタル店にもちょこちょこ並び始めたようです。

しかし今のアニメの流行の絵柄とかけ離れてたり、 アニメファン向けの宣伝に欠くところがあったりで、 マイナー臭が漂ってたりもします。
それでも今、自分にとって、毎週次回を待ちわびる数少ない作品なのです。

・ノエイン(noein) ―もうひとりの君へ
 ちばテレビ、テレビ神奈川、テレビ埼玉、テレビ愛知、サンテレビ、  およびキッズステーションにて放送中。

公式サイト
http://www.noein.jp/


バンダイチャネル ネット放送
http://www.b-ch.com/cgi-bin/contents/ttl/det.cgi?ttl_c=425

時間がある方は、まずは上記のネット放送で無料配信されている第1話をご覧になってください。
とてもキモかっこいい仏像戦艦と、ヘンなギミック満載に改造された戦士達の闘いが、 ジャイアントロボばりのど派手な立ち回りで描かれてます。
最近TVアニメの本数は尋常じゃないものがあるけども、 ここまでガシガシ動かしてやるぞ!っていう、「アニメーション」って言葉どおりのアニメーションは あまりないんではないかと思います。 しかも、それが終盤の今に至るまで継続されているのがまたすごかったりするのです。

公式サイトキャラ設定を 見ると、かわいらしさとか、かっこよさの点で、今ひとつピンとこないかもしれません。 でも、動いているのを見ると、止め絵の印象とだいぶ違います。
ミホはふにふに、ハルカはちょこまかとかわいらしく、 竜騎兵達は空中戦から、肉弾戦まで画面狭しと暴れまくります。

ファン活動もところどころで行われているようです。
noein-search(ノエイン サーチ)

ところで、SF設定のベースとして、量子力学を担ぎ出してたりします。 大学で電子系や物理系の専攻を取っていると、授業で出てくるおなじみの用語が、 超解釈されて使われていて、にやりとしたりするわけですが、 そうでない人は、ちょっと言葉だけでも見ておくと良いかもしれません。

Category:量子力学 - Wikipedia
シュレーディンガーの猫 - Wikipedia

特に、上記シュレディンガーの猫の中で語られている「多世界解釈」について、 知っていると、お話を聞いた際のにやにや度が変わってくることでしょう。

あと、エスカフローネから脈々と続く、赤根監督の「切なさ炸裂SF」は今も健在ですので、 そっち方面へは無条件で勧めるものであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.20

バカなあたし祭 in たけくまメモ

たけくまメモによると、近日中に「サルでも描けるまんが教室」の再販が行われることが決まったそうです。
サルまんは、少女マンガであったり、マージャン漫画であったり、いろいろなジャンルのマンガを ちょっと冷やかした風に取り上げてみたり、とりあえず激しく勘違いした風に扱ってみたりしながら、 マンガの皮相を切り出して考えてみるという、おそらく結構本気で実用を目指したマンガ入門書です。
電波ネタとか、かなりぎりぎりな感じで、当時えらくインパクトがありました。

で、新装にあたって、新たなネタとして、「萌え」絵の皮相をくくりだそうとされているらしいのです。 もうすっかり意味不明な言葉として枯れた感もありますが、 なんとなくそういう意味でも時期としていい按配なのかもしれません。

てなわけで、竹熊さん自身が、たたき台としてすっごく濃い目のキャラを描いてます。


オリジナル

すでに祭に乗り遅れた感もありますが、ぼくも一つ、となりにこの人をおいて、 描いてみました。できるだけ、元の絵の記号を取り入れるようにしたつもりです。 名前が不定のようなので、とりあえず、「ばかなさん」とでも呼んでおきます。


描いてみました

今後、「萌え」絵についての談義がどう作られていくのか、 あるいは相原コージさんはどんな絵を描かれるのか、とても楽しみにしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)