カテゴリー「グルメ・クッキング」の3件の記事

2008.12.09

博多雑煮の作り方

うーむ、今度の正月は、父と二人きりなので、どうなることやら。
できるかどうか分からないけど、母のレシピをここにメモっておこう。

というわけで、博多雑煮の作り方です。
博多特産のかつお菜(参考: かつお菜/正月菜)さえ、手に入れば、後はどうにかなるでしょう。

肉と魚と野菜たっぷりの豪華なお雑煮をどうぞ。


材料:
 鶏もも肉 80~100g
 ブリ    切り身、適宜
 かまぼこ 一本
 里芋   3~4個
 かつお菜 一把
 おもち 食べたいだけ
 干ししいたけ 適量
 煮干し 適量
 昆布 適量

 薄口しょう油 適量
 塩 適量
 お酒 (または みりん) 適量


作り方:

【前日の晩】

・昆布、干ししいたけ、煮干しを水につけておく。
・里芋を縦に六切りぐらいに切り、湯がく。タッパーに入れて、冷蔵庫の中へ。
・かつお菜をたっぷりのお湯で湯がいて、水に取り、しぼって、一口大に切る。タッパーに入れて、冷蔵庫の中へ。

【当日朝】

・昆布は(火を通さないで)別の鍋に敷き、その上におもちを載せて、おもちが浸かるぐらいの水を入れて、弱火でゴトゴトと煮る。
・昆布を取った残りの煮干し、しいたけに火を入れて、出汁を取る(しいたけは雑煮の具に入れる)。
・ブリはさっと熱湯をかけて、水を流して鱗をとり、一口大に切って入れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.04

米軍レーションを朝食に

しばらく前のこと、桜庭さんと話をしてて、 なんかサバイバルゲームの話題が出たりして、 買ってはみたものの食ってないレーションがあるけどと言われて、 面白そうだからくださいなということで、もらってきたのでした。

米軍レーションパッケージ
米軍レーション(左は大きさ比較用の文庫本)

なんというか、このパッケージ、賞味期限が書いてありません。
レーション」 で検索を掛けて調べてみると分かりますが、 日本の市場で出回っている米軍レーションは、 基本的に払い下げ品で、売ってる段階で、 すでに結構な年月が経っているそうなのです。
でも、保存食だし、たぶん大丈夫だろうというわけで、 今朝の朝昼兼用の食事としましょうか。

パッケージを開けてみたところ
パッケージを開けてみたところ

パッケージを開けてみると、意外なほどいろいろなアイテムが入っていることに 気がつきます。
英語を読むのは面倒ですが、単語を拾っていけば、大体何とかなりそうです。

盛り付け例
盛り付け例

おかずをあっためるための、水をいれて使うヒーターも付いているのですが、 なんか排気に水素ガスが出るとか、古くなっていると温まらないとか、 いろいろあるらしいので、電子レンジを使いました。
鳥のつくね風の物と、ジャガイモを煮た物で、味は薄いのですが、 付属の塩と、タバスコをかけると、結構いけます。
主食は、チョコレートを練ったものと、チョコレートコーティングのクッキーと、 クラッカーです。とりあえず、どれもまずいです。 クラッカーに付けるためのピーナッツバターもありますが、 砂糖が入ってないピーナッツバターはひたすら脂っこいだけで、 これも一口で、断念。
桃のシロップ漬けは、見た目どおりに甘ったるいですが、 桃缶ライクで、なかなかいけます。冷やすと、もっと良さそうです。
ぶどうジュースは、なんだか昔、駄菓子屋で見かけた粉ジュースそのものです。 飲んでみると、炭酸の抜けたファンタみたいな味がします。意外とまあまあ。


コーヒー
コーヒー

最後にコーヒーで締めくくろうとしたら、思わぬ伏兵が潜んでいました。 袋をカップの中に開けたところ、白いものがちらほら見えるのです。
ん、ミルクかな?
と思って、目を近づけてみると、なんか白いふわふわが生えているのでした。


日本茶
口直しに日本茶(オプション)

というわけで、口直しに、日本茶でしめることにします。
もう全然サバイバルっぽくないですが、食事は気分が優先なのです。

なんというか、最近防災の日もあったことだし、 平時のうちに、おいしい非常食を模索しておくのも、良いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.12

BSEにめげずにモツ料理

なんか、アメリカ牛の輸入問題は、
「20カ月以下を検査から除外」という方向で、
妥協するみたいですね(->asahi.comの記事)。

検査も重要ですが、そもそも原因とされている「肉骨粉」の方はどうなったんでしょうか。
日本では確か、もうえさに入れることを禁止しているはずですが。

マスコミには、事に関連する情報も、定期的に流して欲しいもんです。


それはそれとして、モツ料理のレシピを親から入手しましたので、書いときます。
いずれは友人と、モツ鍋パーティーでもやりたいところ。

モツ料理

材料:
 牛サガリ(ハラミ)
 牛シマ腸
 千枚
 タン
 カルビなど
 ※肉は、4人分で600〜800g程度。そのうち、モツは1/3ないし半分程度。

 ニラ
 キャベツ
 ※わりしたを使わないので、汁は野菜から出る分だけです。
  したがって、鍋が見えなくなるぐらい、たっぷりと入れてください。 

タレの材料:
 ニンニク 半分
 ごま油 小3
 みりん 大3
 七味 適当に
 ごま 適当に
 お酒 大5
 みそ 一回のおつゆ分
 薄口しょうゆ 大4〜5

鍋は、すき焼き鍋など、そこの浅い、ひらべったいものを使います。

タレに肉をすべて入れて、馴染ませておきます。
あとは、鍋に肉→野菜の順に投入してください。

上記の量だと、鍋2回分ぐらいありますので、腹いっぱい食えますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)