カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の3件の記事

2005.05.02

その後の余震

福岡に帰ってきています。

Qさん主催のバーベキューに後ろ髪を引かれつつも、さすがにゴールデンウィークに切符を取り直すのは危険だろうということで、予定通りの飛行機で。
機内持込の鞄にZaurusとDSとPSPとデジカメと各種ACアダプタおよびケーブル類一式を詰め込んでたら、保安検査でひっかかりました。電子機器類を出してくださいとの指示に従い、DSを出して、Zaurusを出して、「あ、まだあります」とPSPを出してたら、なんか苦笑されてしまったりして。そんなに持ち帰っても、家に帰り着いたとたん、あれをしよう、これをしようと思っていたことの大半がなされぬまま休みが過ぎ去ってしまうのが常であったりします。

30日には、ちょっと天神へ行ってきました。「元気バイ!福岡」の垂れ幕が多数かかるも、思いのほか、地震の爪あとを見つけることもなく、いつもどおりの賑やかさです。いつも寄る福家書店にて、「夕凪の街 桜の国」(こうの史代 / 双葉社)、「白のふわふわ」(山名沢湖 / エンターブレイン)を購入。どちらも面白かったので、レビューが書けたら書きたいところ。

5月1日は、西鉄ストアやら、お茶屋さんに買い物に行ったぐらいで。

で、その夜、眠っていたところ、
ずぅ、ごごごごごごごごごぉー、ずごん!
といきなり地震が来ました。低音の地響きが部屋全体を包むように鳴り響き、その後、縦に突き上げるような揺れが大きく一つ。時計を見ると、1時半近く。東京へ行ってから、年に数回は地震に遭うのですが、揺れ方が違っていて、ひどく不気味でした。

福岡の地震のマグニチュードが高い割に、昨年の新潟の地震に比べて、被害が少なかったことの理由の一つとして、福岡の大半の地域が、固い玄武岩の地層でおおわれているということが報じられていました。 実家の地面も、掘ると20cmで、固い岩盤にぶつかります。思うに、この天然の基礎が、ぼろ屋を守ってくれているのかもしれません。

この余震のことは、東京をはじめ、他の地方では報じられてないかもしれませんが、とりあえず無事でしたということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.27

地震のこと、ネット界隈

福岡出身のぼくにとって、東京は地震が多くて怖いのです。
23日は、秋葉の雑居ビルで、
ケーブルが大量に積まれた棚と壁とが1mもないようなところにいて、
ゆっさゆっさと揺れるもんだから、けっこう焦りました。

その後、近くの飯屋で酢豚定食を食いながら、
Zaurusで、2chを見てて、新潟の地震を知りました。

まあ、それで、自分としては、その話は終わっていたのですが、

一流ホームページ
10月25日分を見て、ちょっとドキっとしたのです
(ここは、下品で面白い、自分を切り売りしてるような日記サイトです)。

「命からがらアパートを逃げ出して、近所の体育館で誰にも話しかけられずに
1人で震えることになっていたかもしれない」

そんな自分を想像したら、TVで見た映像と重なって、
その情景がありありと目に浮かんでしまったのです。
ぼくも、ゾーっとしてしまいました。


また、操作ミスで、たまたま2chのタイトルページを開いてしまったら、
新潟中越地震 被災者救援本部@2chなるを
見つけました。

「しない善より、する偽善」

って言葉にちょっと、にんまりして、
TV見て、ただしかめっつらしてたり、悩んでたりするんでなく、
なんかした方がいいかも。
って気になりました。

TVや新聞とちょっと違った切り口が見えるネットというメディアは、
面白いなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.11

帰省中

今、福岡に帰省中です。

blog更新したり、お絵かきしたり、コミケカタログチェックしたり、 いろいろしようと思ってたんだけど、 油断してたら、日が経ってました。

明日は、東京へ戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)